HOME > テクニカルガイド > トリムマークについて

トリムマークについて

トリムマーク(以下トンボ)とは、印刷物を作成する際に仕上りサイズに断裁するための位置を表すマークです。

トリムマーク(トンボ)

印刷の位置を正確にするために天地・左右に付けられるトンボは「センタートンボ」と呼ばれ、断裁の位置を示す四隅に付けられるトンボは「コーナートンボ」と呼ばれています。

フチなし印刷でご注文頂く場合は必ずトンボ付きのデータでご入稿ください。
その際、3mm程度の「塗り足し」も必ずつけてご入稿ください。

・ 塗り足しについて

トリムマーク作成時の注意点

  • Illustratorデータで入稿頂く場合は裁ち落とし箇所が不明のため、必ずトリムマーク(以下トンボ)を付けてください。
  • Illustratorでトンボを作成する場合は下記の手順で作成してください。
    「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」(※CS4、CS5の場合は「効果」→「トリムマーク」)
  • Officeアプリケーションには、トンボを作成する機能がございません。
    フチなし印刷をご希望の際には注文時に必ず「裁ち落とし」とご明記の上、画像・線・図形など仕上がり線にかかるものは全て延ばす・拡大するなどして、ご希望仕上がりサイズより、天地左右の幅が3mmほど大きいデータにてご入稿ください。

トリムマーク設置失敗例

仕上がりサイズ丁度にデータが作成されている場合

図のように塗り足しがついていないと断裁ズレによって仕上がり線に紙白がついてしまう恐れがあります。

紙白がつくことを防ぐために、裁ち落としデータ入稿の際は仕上がりサイズの約3mm外まで塗り足しを付け、切れてはいけない文字などは内側に入れるか、縮小してください。詳しくは「塗り足しについて」の説明をご覧ください。

↑ページトップに戻る