HOME > テクニカルガイド > 塗り足しについて

塗り足しについて

塗り足しとは「裁ち落とし」の際に発生してしまう、わずかなズレを想定し、仕上りサイズよりも3mm程度大きめに絵柄を配置する領域のことです。その際に文字など切れてはいけないものは2mm程内側に移動または縮小配置してください。

裁ち落としデータ作成時の注意点

仕上がりサイズ丁度で作成したデータの場合

仕上がりサイズ丁度で作成したデータの場合

裁ち落としする場合、仕上りサイズより大きな紙に印刷し、その後、仕上りサイズに断裁します。

その時、一度に大量の印刷物を重ねて断裁するため、断裁時の刃先の流れに影響されたり、紙の収縮、印刷時の微妙な用紙のブレなどが原因で断裁ズレが起こります。断裁誤差をなくすことは大変難しく、どうしても裁ち落とし位置に微妙なズレが生じるため、文字や図形などの大事な情報が図のように断裁付近に配置されていると断裁ズレによって切れてしまう恐れがあります。

塗り足しで作成したデータの場合

塗り足しで作成したデータの場合

図のように3mm程度の塗り足しをつけたデータであれば、断裁時に多少のズレが発生しても背景の白色など意図しない色が残ることはありません。その際、文字や絵図など切れてはいけないものは2mm程内側に移動または縮小配置してください。

↑ページトップに戻る